WiMAXを本音で語る!本当におすすめなプロパイダはどれ?

WiMAXの勧誘を受けた時に実体験。エリアは?



昨年、電器屋さんの小さなブース前で友人とWiMAXの勧誘を受けました。ちょうど引越ししたてであることもあり、ポケットWiFiである必要はなかったのですが、丁度ネット環境に悩んでいる時だったのですぐにブースに移りました。

正直話なんて聞かなくても契約するよくらいの姿勢だったのですが、親切な方ですごく丁寧に説明してくれました。まず初めに、UQのCMをみせられ、実はこれうちの会社のCMなんだけど、大体の人が深田恭子可愛いなガチャピンとムックの色が違うなで商品については全然なんですよ、と言われました。

確かに!CMは見た事あるけど全然知らなかった!つかみは完璧ですよね(笑)でもとりあえず内心は早くして欲しいって思っていて友人と遊んでる途中だったし、その後は契約しますよーって言って契約の話を進めてもらいました。

WiMAXの見どころはWiMAXって言っている通り、Wi-Fiが低速にならない、使用上限がないって言う事だったんですよね。全く知らなかったんですが、良く考えれば普通にネット回線に使用上限がある事態不思議です(笑)私がネットを使うのは主に、ゲームps4スマホノートパソコンです。ポケットWiFiで小さいくせに10台繋げれると言うからすごい。

友達家に来てもネット繋げて上げれるから嬉しい。全然持ち運ぶ理由もなかったので家で繋げたらいいやって思っていたんですけど、店員さんにポケットWiFiでない必要もないと言われて、確かにって思いました。用途は一緒値段も安い持ち運べるなら持ち運べる方選ぶよね。

さすが言葉巧みです。契約の最後にGPSを使って自宅の電波状況を見てくれるんですけど、大体〇、△、?で出るそうで?の場合はポケットWiFiとして使う方が多いそうで、ちなみに?でもハイモードみたいなのに設定すると7ギガまで使えると聞きました。残念ながら私の家は△でした。

契約には悩んでなかったので△でも契約はしました。試しに友人の家で調べたら友人の家は〇で今までの話を聞いてて気になった事もあり、仲良く契約をしました(笑)早速使ってみるとサクサク動くし、動画も沢山見れる?って思っていたら動かなくなっちゃったんですよ。

ってゆうより低速になって、どうやら私の家はハイモードでないと使えなかったみたいです。

友人は満足してましたし、ポケットWiFiとしては完璧でした。小さいので無くさないようにすることくらいですかね!

 

未分類

3週間WiMAXを利用して感じたメリット・デメリット



ポケットWi-Fiとは厳密に言うと元々ワイモバイル(以前のイーモバイル)の商品名です。

WiMAXとはKDDIグループのUQコミュニケーションズのサービスです。簡単に言うと、どちらもコンパクトで持ち運びのできるワイヤレスのWi-Fiルーターを利用して、外出先でもWi-Fiを使えちゃうというサービスです。今はこのようなサービスを総称してポケットWi-Fiと呼ぶことが多いです。

私は国内・海外ともに利用したことがあります。国内では、引っ越しの際に自宅にWi-Fiルーターを設置するはずが工事の日程が遅れてしまい、3週間ほどWiMAX利用しました。海外では、空港でレンタルをしてカナダで2週間ほど利用しました。その経験をもとにメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

まず工事不要ですぐ使えるところがいいですね!電源を入れて、PINコード入力するだけですぐWi-Fiつながります。WiMAXには3日で10GB超えると速度制限という縛りがありましたが、私はゲームやネットサーフィンを利用し、娘はユーチューブやティックトックを見ていましたが、特に問題なかったです。

デメリット

持ち歩く際には機器の充電がとても気になりました。日常生活の中の外出なら大丈夫ですが、1日中外出するときには寝るときに充電して寝て、朝は満タンの状態でも、夕方くらいから怪しげな状態に・・・。ですので、使わないときは電源を切るとか節約していました。

デメリットというか、カナダは街中Wi-Fi利用できるとことが多く、ホテル滞在のため部屋でもWi-Fi使えたので、わざわざWi-Fi機器レンタルしなくてもよかったなーというのが正直な感想です。

総合しての評価はとても便利!今は自宅Wi-FiがあるためポケットWi-Fi等利用していないのですが、寝室がWi-Fiのつながりが悪いため、契約しようか考え中です。

外出先でもWi-Fi利用できるとなれば、携帯電話の料金プランもGB数少ないプランで契約しても特に問題ないかと思うので、そっちのほうがお得かもしれませんね!

 

未分類

WiMAXの対応エリアは都市部ではほぼ全域をサポートしてる?



私は、引っ越しをしてインターネットのブロードバンドサービスを探していて、この高速通信が可能で、工事不要のWiMAXを見つけました。WiMAXは、家でも外でも使えるので、仕事で出張が多い私にぴったりだなと思いました。なかでもWiMAXは評判が高そうなのでいいと思いました。

WiMAXの特徴は、ルーターがスマホくらいのサイズなので、とてもコンパクトだということです。これなら出張でも全くにもつにならなりません。

カフェや電車なども使いやすいです。自宅でも外出先でもかなりスピードが出て、不足を感じたこともありません。

東京以外のエリアに出向くことも多いのですが、遠隔地にいっても通信不通になることもなかったです。対応エリアは都市部ではほぼ全域をサポートしているとおもいます。地下鉄などでも安定したスピードでした。

料金的にもとても安いので、自宅で他の通信会社やプロバイダーと契約するよりずっとお得感がありました。

私が選んだのは最新機種だったのですが、割引もあり3000円程度の月負担です。申し込み後はすぐに機器が届き、スピード配達なのもよかったことです。

もちろん送料無料でした。初めてなので少し不安だったのですが、コールセンターに問い合わせたところ、到着後20日間であればキャンセル可能だと言われ、一度試してみて通信速度などに不足があれば、返品可能ということでした。

ですので、自宅のエリアがもし合わなければその時点で返品ということも可能でした。これもかなり安心できるところでした。

デメリットとしては、ほとんどは良いのですが、日によって急に通信速度が遅くなったり、切れたりしたことが数回ありました。これは頻繁に起こるわけではありませんし、繋ぎなおすとすぐに復帰しますが、そういうことが全くゼロではありません。

あとは最新機種だと少し料金が高いです。古い機種でよければかなり安かったです。あとは契約期間があるので、それに達するまでは解約できないことは少しデメリットと感じました。

 

未分類

WiMAXの利用制限はどれくらい?そもそも速度制限はある?



WiMAX2を使っています。

結婚に伴って借りたアパートではまだネット回線が繋がっておらず、賃貸なので工事も出来ず。工事不要のポケットWiFiにしました。

ポケットWiFiはスマホほどの大きさで、持ち運びが出来るWiFi通信機器です。もともと我が家はスマホの電波もLTE対応地域のはずなのに繋がりにくかったので、ポケットWiFiもあまり期待はしていなかったのですが。使ってみたところ、まぁ繋がらないことはないけど…いきなり回線落ちすることもよくあります。

機器の再起動をしてみても、復帰したりしなかったり。復帰したとしてもすごく速度が遅かったり。気まぐれっぷりがすごいです。

この辺りだから、回線落ちするのかなと思っていましたが、大阪に旅行に行った時にも回線落ちがありました。でも旅行の時などにはデータ量を気にすることなく検索できてとても便利です。

今我が家で使っているのは直近3日で10ギガを超えてしまうと利用制限がかかるというもので、2年半ほど利用していますが、動画を頻繁に見たとしても利用制限がかかったことはありません。回線が頻繁に落ちるのはもしかしたら利用制限のためなのかも?と考えたこともありますが、1日1回は見るようにしていて1日のギガ数が3ギガを超えたことはないので、おそらく利用制限はかかってないと思います。

料金ですが、契約する会社によって様々です。我が家は最初に不動産屋さんでこういうものもあるので、よかったら契約してください、と言われた会社にしていました。

しかしインターネットで調べてみると、使っている会社よりもだいぶ安い会社もあることが分かったので、今はそちらに切り替えています。

引っ越しの際に慌てていたので、あまり調べなかったのが仇になりました。最近になって、ようやく我が家でも回線の工事をアパート全体ですることになったので、あと少しでポケットWiFiは解約します。

家の中で回線落ちすることもあまりなくなるのではないかと期待していますが、旅行の際に持っていけないのが少し辛いなぁと思います。

 

未分類

ポケットWi-Fiはあくまでもサブとして考えるべき理由


 

私はあまり外で頻繁にパソコンやスマホを使うことはないのですが、家庭用のWi-Fiルーターを切り替えるために一時的にポケットWi-Fiを利用していました。

見た目が非常にコンパクトでこれがWi-Fiなのかと驚くほどでした。重さもかなり軽くなっており、その名の通りポケットに入れて持ち運べるサイズだったので、携帯するぶんには不便のないものだと思います。

実際にポケットWi-Fiを使うまでは据え置き型のWi-FiとポケットWi-Fiの違いについてあまり分かっていなかったのですが、使ってみたことでそれぞれに違いがあることが分かりました。ひとつには通信速度の違いがあり、据え置き型のWi-Fiと比較するとポケットWi-Fiは速度が落ちてしまうことになりました。

これはネットサーフィンをするぐらいであれば気になることはないのですが、動画再生やゲームなど通信速度を求めるような環境だと違いが出やすくなると思います。

またポケットWi-Fiは、据え置き型ではあまり気にすることのなかった通信制限を気にしなくてはならないという側面もあります。

契約の内容にもよると思いますが、ポケットWi-Fiは携帯電話などと同様に通信できるデータ量に上限が設定されている場合が多く、上限を超えると通信速度が遅くなってしまいます。

またポケットWi-Fiは電源のない場所で使うことが想定されているためバッテリー駆動となっており、充電中は無線LANを使用できないというのも想定外でした。

これは機種や機能によって違いがあるのかもしれませんが、私が使っていたものは一時的な代用品であったため、残りのバッテリー残量を気にしながらパソコンを使うことになりました。

ポケットWi-Fiは場所を問わず使用することができるので携帯用として持ち歩くぶんには使い勝手の良いものだと思いますが、あくまで補助のような役割であり、メインで使うとなると不安な要素もいくつかありました。

 

未分類